今日も山へ行こう

山が大好きな、30代ヤマオンナの山行記録。

【2018年7月】北穂高小屋泊で北穂高岳 山行記録その1

今年登りたかった山の一つ・北穂高岳

一度泊まってみたかった北穂高小屋泊で行ってきました。

当日の山行記録(その1)です。

1日目:2018年7月18日(水)

1日目の行程は、上高地から一気に北穂高岳・北穂高小屋まで。

上高地まではバスの始発便(5時10分発)で向かうことが必須でした。

上高地~涸沢小屋まで

自宅を3時半過ぎに出発して、沢渡に到着したのが4時半過ぎ。

問題なく始発バスに乗って上高地へ向かい、5時45分過ぎにバスターミナルを出発しました。

上高地は今年すでに4回目ということもあって、河童橋もスルーして一気に横尾まで向かいます。

f:id:ma2-hiro3:20190709112942j:plain
横尾にて

横尾に到着したのは8時過ぎ。ここでお手洗い等々10分ほど休憩です。

朝はひんやり涼しかったのですが、さすがに暑くなってきました…。

再びスタートして9時過ぎに本谷橋に到着したら、この先の登りにそなえて少しだけ休憩。

10時半に涸沢ヒュッテと涸沢小屋の分岐点にたどり着きました。

f:id:ma2-hiro3:20190709112946j:plain
涸沢の分岐

今回は北穂高岳へ向かうので、涸沢小屋方面へ進みます。

日なたを歩くことが多くなったせいで、とにかく暑い!!

熱中症にならないように、水とスポーツドリンクを意識して飲みつつ、涸沢小屋を目指します。

f:id:ma2-hiro3:20190709112951j:plain
涸沢のテント場と前穂方面

海の日連休後の平日だけあって、涸沢のテント場は20張ほどとガラガラ。

お盆休みやGWなど、賑わっているときにしか訪れたことがなかったので、何だか新鮮でした。

そういえばテント場から涸沢小屋に向かっているとき、ふと北穂高沢を見上げると沢を横切る黒い動物が1頭…なんと、ツキノワグマが北穂高沢をトラバースしていました!!

100メートル以上離れていたので危険を感じることはなく、むしろこんな高い場所にもいるんだーと驚き。

クマは登山道のある方から、登山道のない樹林帯の中へ移動しているようでした。

…でも、登山道の方からやって来たということは、場合によっては出くわす危険性もあるということ?

北アルプスはどんな場所であれツキノワグマの生息地であることに変わりはないので、やはり注意しておくに越したことはなさそうです…。

「なかなか貴重なものを見たね~」などと言いながら、涸沢小屋へ。予定より早く11時前に到着したので、ここでお昼休憩としました。

ちなみに、涸沢までのルート上は特に危険個所もありません。

1か所だけ斜面が大規模に崩落している場所がありますが、そこは整備済。

2年前は途中ですれ違うのが難しいような感じでしたが、今回は余裕ですれ違えるほどになっていました(写真無くてすみません)。

改めて、登山道を整備してくださっている関係者の方たちに感謝です。

ただし、整備済みとはいえ落石の危険があることに変わりないので、途中で休憩したりせず足早に通過するようにしましょう。

涸沢小屋から北穂高岳まで

涸沢小屋で40分ほど休憩したら水を補給し、北穂高岳へ向かいます。

この時点でヘルメットも着用しました。

f:id:ma2-hiro3:20190709112955j:plain
北穂登山口の案内看板

北穂への登りはなかなか急ですが、涸沢カールを見下ろしながら高度を上げていくので、眺めは最高です。

木々の間をジグザグ九十九折な感じで登っていきます。

f:id:ma2-hiro3:20190709113001j:plain
だんだん小さくなっていく涸沢ヒュッテとテント場

f:id:ma2-hiro3:20190709113005j:plain
南陵取付手前にあるガラガラゾーン(勝手に命名

南陵取付手前のガラガラゾーンまで上がってくると…

f:id:ma2-hiro3:20190709113013j:plain
少しずつ見えてくる常念岳

北穂の東稜?の奥に常念岳も見えてきます。

f:id:ma2-hiro3:20190709113017j:plain
南陵取付のクサリ

取付地点にあるクサリと

f:id:ma2-hiro3:20190709113023j:plain
クサリの先にあるハシゴ

その先のハシゴをクリアすると、展望は更に良好になります(^^)

f:id:ma2-hiro3:20190709113030j:plain
山頂付近しか見えていなかった常念岳も、全体が見えるようになりました

f:id:ma2-hiro3:20190709113038j:plain
奥穂高岳方面

展望は良いですが、足元は岩が多くなるので慎重に歩きます。

f:id:ma2-hiro3:20190709113034j:plain
南陵は岩場歩きが続く

岩が多くなるとは言え、切れ落ちた場所を歩くようなことはないので、恐怖感はなし。

浮石や落石に注意しながら歩きます。

この頃になるとさすがに疲れも出てきて、ペースダウン。。。

それでも涸沢小屋を出て2時間40分で、北穂分岐に到着です。

f:id:ma2-hiro3:20190709113044j:plain
北穂分岐

ここまで来れば、北穂高岳まではもう一息! 最後まで気を抜かずに歩きます。

分岐から10分ちょっとで北穂高岳山頂に到着です!

f:id:ma2-hiro3:20190709113049j:plain
北穂高岳山頂到着時は、ガスで残念な展望でした…

本日の宿泊先である北穂高岳は、ここから更に歩くこと1分(笑)

受付を済ませ、あとはのんびり過ごすことにしました。

穂高小屋にて

小屋に着いたらテラスでまずは乾杯!

最近はテント泊で缶ビールばかりだったので、久しぶりに生ビールをいただきました。

f:id:ma2-hiro3:20190709113054j:plain
山での1杯は格別です!

ビール1杯いくらだったかな…800円くらいだったような気がしますが、記憶があやふやです。。

そして、北穂高小屋の売店で個人的にイチオシなのが、フルーツの缶詰!

f:id:ma2-hiro3:20190709113058j:plain
良く冷えた缶詰は最高に美味しかった!

みかんと黄桃があって、どちらも確か1缶400円。

黄桃が人気ということだったのでチョイスしましたが、最高に美味しかった!!

この山行以降、我が家はパウチのフルーツを持参するようになりました(笑)

着いた当初はガスで展望もイマイチでしたが、テラスでのんびりしているうちに雲が切れ…

f:id:ma2-hiro3:20190709113105j:plain
雲の切れ間から槍ヶ岳

ついには槍ヶ岳まで見えるようになりました。皆さん一斉に写真撮影会の始まりです(笑)

しかし、これ以上はなかなか晴れてくれず、夕食の時間になったのでいったん小屋へ。

夕食後再び外に出ると、これまた美しい景色が広がっていました。

夕日は小屋からは見にくいので、歩いて1分の北穂高岳山頂へ向かいます(小屋のスリッパでw)

f:id:ma2-hiro3:20190709113113j:plain
夕日に染まる滝谷ドームと奥穂高岳

f:id:ma2-hiro3:20190709113118j:plain
槍方面もきれいに晴れました

f:id:ma2-hiro3:20190709113122j:plain
雲海に沈む夕日と笠ヶ岳のシルエット

こんな風に、ただぼんやりと夕日を眺めていると、山って贅沢な場所だなぁとつくづく思います。

この後も山頂で他の登山者といろいろ話をして、山小屋へと戻りました。

 

少し長くなったので、つづきはまた改めて。

その2に続きます。。。