今日も山へ行こう

何はともあれ山のこと

【2018年7月】白馬大池テント泊と小蓮華山 山行記録②

海の日3連休前に歩いた栂池自然園~白馬大池~小蓮華山。

当日の山行記録(その2)です。

よろしければこちらもどうぞ

https://www.go2themt0.net/hakubaoike-201807-0/www.go2themt0.net

https://www.go2themt0.net/hakubaoike-201807-1/www.go2themt0.net

2日目:2018年7月13日(金)

2日目は4時過ぎに起床。

前日夕方から降っていた小雨も朝にはあがり、雲が多めながら東の空はうっすら明るくなっていました。

f:id:ma2-hiro3:20190709112726j:plain
シメジ?骸骨?みたいな形の変な雲(笑)

天気は回復するものの稜線は風が強い予報だったこともあって、空にはシメジみたいな形のつるし雲も(^_^;)

テント場から直接日の出を見ることはできません。

朝ごはんと身支度を整えたら、テントはそのままで小蓮華山へと出発です。

大池山荘を出てしばらくは斜面をゆるやかに登りますが、稜線に出るといきなりの強風!

稜線に出る前に防寒着を羽織るなどの対策をしておいた方が安全です。

この日は風が吹くと肌寒かったので、レインジャケットを羽織って歩きました。

f:id:ma2-hiro3:20190709112736j:plain
登山道脇に咲いていたコマクサ

f:id:ma2-hiro3:20190709112741j:plain
ゴゼンタチバナもたくさん咲いていました!

大池から船越ノ頭までは「雷鳥坂」と呼ばれる登り。

その名の通りライチョウが多い場所らしいので、あたりをキョロキョロしながら歩きます。

…が、行きは出合えず船越ノ頭に到着。

f:id:ma2-hiro3:20190709112745j:plain
船越ノ頭より

ここは登山道から少しだけ離れた場所なので、先を急ぐときは立ち寄らないかも?

白馬村方面は雲が多めですが、それもまたいい感じでした。

景色を堪能したら登山道に戻って、小蓮華山へ向かいます。

f:id:ma2-hiro3:20190709112750j:plain
小蓮華山への稜線

このルートの醍醐味はなんといっても気持ちのいい稜線歩き!

この日は稜線もガス多めで、唯一きれいに見えたのはこの写真くらいでしたが…天気が良ければ絶景を眺めながら、白馬岳まで続く稜線歩きが楽しめます(^^)

ただし、白馬山荘までは山小屋もなく、遮るもののない稜線なので、強風時や降雨時は要注意!

雨風強いと、最悪の場合は低体温症にかかる可能性もあります。

また、雷雨に見舞われると逃げる場所もほとんどないので(一応、二重山稜で窪地になっていると思われる場所が小蓮華山~三国境に2か所ほどありますが)慎重に判断したいところです。

さらに進むと左手には大雪渓方面が見えてきます。

f:id:ma2-hiro3:20190709112757j:plain
大雪渓方面もガス多め

この辺りからは猿倉の駐車場や白馬尻小屋なども眺められます。

f:id:ma2-hiro3:20190709112803j:plain
ミヤマアズマギクと白馬大池、船越ノ頭

振り返ると歩いてきた稜線もバッチリ! 足元にはミヤマアズマギクも咲いていました。

ミヤマアズマギクは、本州ではいわゆる「花の名山」と呼ばれる山域(早池峰山や白馬山系など)でしか見られないそうで、私自身も初めて目にする花でした。

f:id:ma2-hiro3:20190709112808j:plain
ハクサンイチゲのお花畑

f:id:ma2-hiro3:20190709112813j:plain
コバイケイソウは当たり年!

f:id:ma2-hiro3:20190709112824j:plain
ミヤマダイコンソウ?

本当に花が多く、ガスって展望がなくても足元で楽しめます。

そんなこんなで楽しみながら歩くこと2時間弱で、小蓮華山に到着。

f:id:ma2-hiro3:20190709112819j:plain
小蓮華山山頂

ご覧の通り山頂はガスガス真っ白展望なし。

2時間くらい待たないと晴れそうになかったので(汗)少しだけ休憩して下山しました。

白馬岳方面を眺めたかったなー!

大池までの帰り道はもと来た道を引き返すだけ。

途中の雷鳥坂でオスのライチョウ1羽と出合えて感激でした!

f:id:ma2-hiro3:20190709112830j:plain
雷鳥坂で出合ったライチョウ(オス)

少し離れていたので写真の画質悪いですが…分かるかな

f:id:ma2-hiro3:20190709112835j:plain
上から眺めた白馬大池

f:id:ma2-hiro3:20190709112731j:plain
山荘周辺はハクサンコザクラが見頃でした

白馬大池山荘に戻ったらテントを撤収し、栂池に向けて下山開始です。

前日は天気がイマイチで展望なしだったので、下山時に景色を堪能しました。

f:id:ma2-hiro3:20190709112840j:plain
白馬乗鞍岳あたりから。晴れていたらこんな景色が楽しめるんですね

f:id:ma2-hiro3:20190709112846j:plain
白馬乗鞍岳のケルンと雪倉岳

白馬乗鞍岳を過ぎると、今回のルートの核心部・大きな雪田の急斜面に。

斜度は30度ほど、軽アイゼンをつけて慎重に下ります。

f:id:ma2-hiro3:20190709112931j:plain
雪の斜面を慎重に下る

下った先が見える分、登りより怖く感じるんですよね…

写真の通りロープも張ってあるので、ロープを頼りにアイゼンなしで下る人もいましたが…

どんな時でも安全最優先! そう考えるとアイゼンなど滑り止めはあった方が良いです。

ただ、4本爪では登りはよくても下りは心もとないかも…

雪の状況については栂池ビジターセンターや大池山荘に問合せると安心です(^^)

それにしても、翌日から3連休だけあって、登ってくる人がたくさんいました!

f:id:ma2-hiro3:20190709112857j:plain
天狗原の木道歩き

雪田を無事に通過したら天狗原の木道歩き。

この辺りからかなり暑さを感じるようになり、栂池までの下山もとにかく暑くて一苦労。。

地図には「樹林帯」とありますが、実際は開けた樹林帯なのでルート上は日陰も少なめ。

下りでこれだけ暑いと、登りの人はかなり大変だったのではないかと思います…。

12時過ぎには栂池に無事下山。

お昼ごはんを済ませ、私一人、栂池自然園へと向かいました(夫は暑さにやられて休憩)

オマケの栂池自然園

今回密かに楽しみにしていた栂池自然園の散策。

時間の都合で全部は回れませんでしたが、花も見ごろで楽しめました。

f:id:ma2-hiro3:20190709112902j:plain
ここでもコバイケイソウ咲きまくり

f:id:ma2-hiro3:20190709112906j:plain
キヌガサソウ

f:id:ma2-hiro3:20190709112912j:plain
こっちにもキヌガサソウ

f:id:ma2-hiro3:20190709112917j:plain
キヌガサソウはたくさん咲いていました

一度、実物を見てみたいと思っていたキヌガサソウですが、こんなにたくさん見られるとは思っていませんでした!

白い部分は花びらかと思いきや、実は萼片なんだそうです。

f:id:ma2-hiro3:20190709112922j:plain
ミズバショウ

f:id:ma2-hiro3:20190709112926j:plain
ニッコウキスゲ

まだまだ小さいミズバショウやニッコウキスゲも咲いていて、楽しい散策でした。

登山だと立ち寄ることも少ないかもしれませんが、個人的に自然園もオススメ。

全部回ると3時間半くらいかかるそうですが(^_^;)

天気が良ければ園内から白馬三山が眺められます。

ちなみに、自然園内でもたまにクマの目撃情報があるそうです。

散策の際はクマ除け鈴など、クマ対策もお忘れなく…!