今日も山へ行こう

何はともあれ山のこと

finetrackのスキンメッシュソックスを使ってみた感想

以前から気になっていた、finetrackさんの「スキンメッシュソックス」を使った靴下のレイヤリング。

先日の尾瀬で試してみたところ、とっても快適でした。

とはいえ気になる点もあるので、まだ一度使っただけですが、率直な感想を。

スキンメッシュソックスってどうなんだろう? と気になっている方の参考になれば嬉しく思います。

靴下のレイヤリングについて

finetrackさんが考案した靴下のレイヤリングシステムは、ドライレイヤーソックス×ベースレイヤーソックスというもの。

最初にスキンメッシュソックスを履いて、その上からベースレイヤーソックスなどを履くというものです。

スキンメッシュソックスは、スキンメッシュTなどと同じ感じのインナーソックス。

スキンメッシュソックスの撥水効果によって汗を肌から遠ざけることで、足のムレ感を軽減させる・・・といった感じのものになります。

以前から気になっていた足のムレ感

前から気になっていたことの一つに、足に汗をかきやすいというのがあります。

そのせいか、雨の日でもないのに歩いているうちに「あれ? 靴の中が濡れているような?」と感じることも。

でもテント場などに到着して靴を脱いでみても、濡れてはいない・・・。

どうやら足がムレて、濡れたように感じていただけのようでした。

実際に濡れているわけではありませんが、まぁ不快ですよね(^^;

そんなとき、偶然目にしたfinetrackさんのキャンペーンに応募したところ、運よく当選のお知らせが!

「スキンメッシュ製品2つがもらえる」というものだったので、気になっていたソックスをいただくことにしました(もう一つはスキンメッシュTをチョイス。すでに1枚持っていましたが^^;)

尾瀬ハイクで2日間使ってみた感想

私は普段、しっかりした登山靴で山に行くときにはダーンタフの靴下を使っています。

ダーンタフは「破れない」ということで気に入っているのですが、今回はfinetrackのベースレイヤーソックスを買って試すことにしました。

f:id:ma2-hiro3:20190712163055j:plain

ベースレイヤーソックス(左)とスキンメッシュソックス(右)

ベースレイヤーソックスは新品というのもあるかもしれませんが、ダーンタフと比べると生地も軽やかな感じ。

実際に速乾性のおかげか、洗濯後は夫の靴下(ダーンタフ)よりはるかに早く乾きました。

この2つを使ってみた感想は、今まで気になっていた不快感がない!

夫もダーンタフの下にベースレイヤーソックスを履いていましたが(偶然ですが、夫もキャンペーンに応募して当選していた。笑)「全然ムレないし、これ良いね〜」と言っていました。

いやーーー、なんでもっと早く使わなかったんだろう・・・笑

私はトレランシューズで山に行くこともあってその時は使いませんが、それ以外の登山では必須になりそうです。

次の山行時にはダーンタフと一緒に使ってみようと思います。

私みたいに足のムレが気になる方には、なかなか良いのではないでしょうか(^^)

少し気になる点

スキンメッシュソックスの気になる点を挙げるとすれば、次の2つ。

「耐久性」「撥水効果の持続性」です。

耐久性についてはスキンメッシュTと同じで生地が薄いので、破けないかが気になるところ。

爪とかが引っかかって穴が開いたりしないか心配・・・。

あとは撥水効果がどれだけ持つかですが、これは洗濯方法によっても変わるので。

サイトにある「ドライレイヤーの正しい洗い方」を参考に(いつもスキンメッシュTを洗うのと同じですが)まずはしっかりお手入れしていこうと思います。

 

しかし、気づけば私の登山用ウェアは、finetrackかモンベルか・・・という状態になってきました。笑

これ以上、必要なウェア類もありませんが・・・今年は「駒の小屋」と「殺生ヒュッテ」のTシャツが欲しいなーと思っているところです。