今日も山へ行こう

何はともあれ山のこと

【2019年2月】八ヶ岳・天狗岳登山(のんびり黒百合ヒュッテ泊)

黒百合ヒュッテに1泊して、のんびり天狗岳へ行ってきました。

数日前に降った雨のせいなのか、期待していた「雪化粧した八ヶ岳の森」は見られず・・・。

しかし、快晴無風の良いコンディションの中で天狗岳に登ることができました。

今回歩いたルート

1日目

渋の湯→八方台分岐→唐沢鉱泉分岐→黒百合ヒュッテ→中山峠→東天狗岳→西天狗岳→中山峠→黒百合ヒュッテ

行動時間:4時間20分

2日目

黒百合ヒュッテ→中山峠→中山展望台→中山峠→黒百合ヒュッテ→唐沢鉱泉分岐→八方台分岐→渋の湯

行動時間:約2時間

登山記録

最近は写真を撮る機会が少なくなってしまい、カメラもiPhoneのみ。

iPhoneは寒さに弱いので写真は少なめです・・・。

さっと使えるコンデジでも買おうかな。。

渋の湯登山口駐車場について

渋の湯までの道路上に積雪はありませんでしたが、一部凍結しているところがあるので冬用タイヤ必須です。

渋の湯登山口の駐車場は、近くの旅館(渋の湯さん)が管理されている有料駐車場。

受付は朝6時からで、受付を済ませてからでなければ駐車できません。

駐車料金は1日1,000円、今回は2日間利用するので2,000円支払いました。

館内の受付で「いつまで駐車するか」と「車のナンバー(4桁)」を伝えて料金を支払うと、宿の女将さんが駐車場所まで案内してくださいます。

平日(2月21日)だったこともあるのか、8時半到着でもだいぶ余裕がありました。

駐車場にはトイレもあります(手洗い場の水が暖かくて感動)

渋の湯〜黒百合ヒュッテ

登山口には登山届けの提出ポストがあるので、未提出の場合はここで出して行きます。

渋の湯からの登山道は先日の雨の影響か、雪ではなくてガチガチの凍結路・・・。

この凍結路は渋の湯から八方台分岐付近まで続いていました。

少し前に購入したチェーンアイゼン(Amazonで1,880円)を装着して出発。

森の様子はというと、ルート上はもちろん、中山や茶臼山あたりの木々にも全く雪がついておらず、すっかり春といった雰囲気でした。

f:id:ma2-hiro3:20190709113653j:plain
渋の湯からの登山道は凍結路に

八方台分岐から先も凍結箇所が多く、ストックなしの方が歩きやすかったです。

渋の湯から黒百合ヒュッテまでは2時間弱で到着。

先に宿泊の受付を済ませたら不要な荷物をヒュッテにデポさせてもらい、軽く食事を済ませ天狗岳へ向かいました。

黒百合ヒュッテの宿泊料金はというと、宿泊料が5,500円(素泊まり)、暖房代が500円で一人一泊6,000円でした。

ちなみに、チェーンアイゼンってどんな感じだろう?と思っていましたが、なかなか良い感じで。

ツルツルガチガチの凍結路でも難なく歩けるし、着脱も簡単!

これまでは6本爪の軽アイゼンを使っていましたが、チェーンアイゼンの方が断然使い勝手も良さそうです。

あとは耐久性がどれだけあるかが気になるところですが(安物だし)・・・その辺りもこれからチェックしていこうと思います。

黒百合ヒュッテ〜天狗岳

ヒュッテまではチェーンアイゼン&ストックで問題なく歩けますが、天狗岳に行くなら12本爪アイゼン&ピッケルが必要です。

小屋の前で準備を済ませ、11時20分ごろ出発。

中山峠から天狗岳方面へ進み、樹林帯の中の斜面をひと登りすると稜線に出ます。

稜線に出るとこれから向かう天狗岳(ただし東天狗岳山頂は見えない)も。

f:id:ma2-hiro3:20190709113659j:plain
天狗岳手前の大きな岩(左)と西天狗岳(右)

稜線から先は風が強くなるので、バラクラバを付けたりジャケットのフードをかぶったり・・・稜線に出る前に防寒対策をしっかりと。

ただしこの日は本当に風もなくて暑いくらいだったので、バラクラバもアウタージャケットも不要でした・・・。

ちなみに行動中のウェアはというと・・・

  • ニット帽
  • サングラス
  • (上)メリノウールのアンダーウェア+長袖シャツ+U.L.サーマラップジャケット
  • (下)薄手のタイツ+トレールアクションパンツ+マルチトラウザーズ
  • ウィンドストッパーグローブ(モンベル

上は今回もU.L.サーマラップジャケットが大活躍!

行動中も小屋の中でも、基本的にずっと着てました。

https://go2themt0.net/ul-thermawrap-jacket/

下はアウターのマルチトラウザーズを着用していましたが、別になくても大丈夫そうな感じ。

・・・すっかり春山状態です。

ただし、防寒着としてアウタージャケットはザックに入れて山頂まで持参しました。

途中は雪がなく地面が露出しているところもチラホラと。

山頂へ向かう斜面の取り付き手前ではアイゼンを付けたままの岩場歩きもあるので、アイゼンの引っ掛けに注意が必要です。

岩場を過ぎれはあとは雪の斜面を登って行きます。

特に難しいと感じる場所はありませんでしたが、部分的に急な岩場もあるので慎重に。

ヒュッテから1時間ほどで東天狗岳山頂に到着しました。

f:id:ma2-hiro3:20190709113704j:plain
天狗岳山頂から見た南八ヶ岳

東天狗からは硫黄岳の爆裂火口がよく見えますが、それにしても雪がない・・・。

f:id:ma2-hiro3:20190709113708j:plain
天狗岳から見た西天狗岳

その後は西天狗岳へ。

西天狗岳は降雪・積雪状況によっては雪崩が発生することもあるそうなので、登る時には注意してください。

西天狗まで行くと、東天狗からは見えない横岳も(少しだけ)見えるようになります。

f:id:ma2-hiro3:20190709113716j:plain
西天狗岳山頂からの南八ヶ岳

写真だけでは分かりませんが、東天狗も西天狗も360度の大展望! しばし絶景を楽しんで下山しました。

下山ルートは登りと同じで、中山峠ルートです。

f:id:ma2-hiro3:20190709113712j:plain
東天狗と西天狗の鞍部から見た東天狗岳

14時ごろには黒百合ヒュッテに戻り、コケモモカップケーキなどをいただきながら、のんびり過ごしました。

f:id:ma2-hiro3:20190709113720j:plain
黒百合ヒュッテのコケモモカップケーキ

飲み物は持参した紅茶+練乳のミルクティーです。

しかし・・・こんな感じなら日帰りでも良かったかなぁとも思ったり・・・。

黒百合ヒュッテにて〜下山

この日の宿泊者数は全部で8名。

そのうち5名は個室利用だったので、大部屋は3名でした( ´ ▽ ` )

素泊まりの我が家、この日の夕飯メニューは肉うどん。

f:id:ma2-hiro3:20190709113725j:plain
夕飯の肉うどん

具材は豚肉・しいたけ・長ネギで、前日に自宅で炒めて醤油とみりんで味付けしています。

うどんスープの素と茹でうどん、具材を鍋に入れたら完成!

簡単で美味しくて温まりました〜。

翌朝はチキンラーメン(卵入り)を食べて、中山展望台までちょっとお散歩。

こちらはチェーンアイゼンで問題なく歩けました。

f:id:ma2-hiro3:20190709113729j:plain
見晴らし台からの天狗岳

f:id:ma2-hiro3:20190709113733j:plain
中山展望台から見た北アルプス

途中の見晴らし台からは天狗岳と硫黄岳が、中山展望台からは北アルプス妙高浅間山、群馬方面?の山々が一望できます。

この日の朝の気温は−10度を下回っていましたが、風がなかったので数字ほど寒くは感じませんでした。

1時間ほど散歩してヒュッテに戻り、準備を整えたら下山。

相変わらず凍結多めの登山道ですが、雪の時期は岩が隠れて段差がなくなる分、歩きやすいのが良いところ。

1時間かからずに下山しました。

下山後は渋の湯で温泉に入ることも考えましたが、少し時間が早かったので下って「縄文の湯」へ。

茅野市外の人は入浴料600円です。

冬の天狗岳を歩いてみて

「冬の天狗岳」と言っても、今回はコンディションが非常に良かったので(そうした日を狙っていた、というのもありますが)特に難しいと感じるところはありませんでした。

決して簡単な山ではありませんが、今回のように快晴無風だと私のような初心者でも登りやすいかなと思います。

しかし、改めて雪山は何よりも「歩き方」が重要なポイントだなぁと感じました。

私自身、アイゼン歩行やピッケルの使い方などは、講習会に2回ほど参加して教わっています。

でも「教わった」と「できる」は別物で、特に疲れてくるとアイゼンを履いた重い足が上がらなくなり、ちょっとした段差に引っ掛けることも。

今回はただ引っ掛けただけでしたが、「これじゃ滑落してしまうわ」と。。。

今シーズンは雪が少ないので雪山シーズンも残り少ない感じですが、楽しみながらも意識して歩行練習を続けたいと思います。